ギャンブル依存症と言う恐ろしい病気

ギャンブル依存症と言う恐ろしい病気

依存症にも色々ありますが、特に怖いのは【ギャンブル依存症】だと思っています
ギャンブルと言っても色々あります【競馬・競艇・競輪・オートレース】等の公営競技と
【パチンコ・スロット】の三店方式のギャンブルです

【競馬・競艇・競輪・オートレース】等の公営競技は自分で止めようと思えば止める事が出来ますが 【パチンコ・スロット】の場合は違います

【競馬・競艇・競輪・オートレース】等の公営競技と【パチンコ・スロット】の何が違うのか・・・
それは脳を焼き尽くす【音と光】です

人間の脳に刺激を与え、依存症を作り上げる恐ろしい仕掛けです
最近ではボタンを押す事によりバイブレーター機能が作動し、動的刺激を与える仕掛けや、ハンドルから空気が出てくる物まであります

上記の仕掛けは人間の脳を破壊するために作られたものであり、遊戯を楽しむものではありません
一度、その刺激を体で感じる事により【もっと刺激が欲しい】と脳と体に覚えこませるように作られています

【パチンコ・スロット】屋に時計が無い理由はお客さんの時間の都合で帰らせない理由の他、ある一定の時間に当たり信号を配信している事を悟られないようにする理由もあります

ある一定の時間と言っても、12時00分・16時30分 と言うジャストタイムの機械的なやり方と
手動でその時・特定の人物にだけ当たりを配信するやり方もあるそうです

自分が打っていた台が自分が退くと次に座った方がオスイチで当たる事ってありますよね、それです

【パチンコ・スロット】屋はボランティアで営業しているわけではありません
機械代・家賃・電気代・水道代・人件費等いろいろ出費があります
それを考えたら完全確率で営業しているとは思えませんよね

早く気付いてください

パチンコ・スロット 当たりやすい時間 顔認証システムについて

ついに顔認証システムによる遠隔が立証…か!?

イベント日に出るって、よく考えたらおかしいだろ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする